ようこそ「醤の郷」小豆島へ

小豆島醤油協同組合
理事長 富田 孝之輔

富田 孝之輔

小豆島醤油の醸造は品質の良さで知られた「島塩」をもとにして約400年前に始まったと云われています。とりわけ、明治から昭和初期に於ける発展は目覚しく「醤の郷」と呼ばれる由縁となった時期で400もの蔵元が在りました。

瀬戸の小島、小豆島の醤油造りは各地から届けられた吟味された原料、長期間にわたる熟成を丁寧に見守る造り手たち。これらのこだわりがひとつひとつ重なり合い、小豆島醤油は最高の味を求めてきました。天然杉で作られた醸造の為の桶を今も「こが」と呼び続けているのは小豆島ならではのこだわりの証。(小豆島には現在、日本一の数を誇る約1000本の桶「こが」があります。)

400年の時代を超え、海を越えて届けられる小豆島醤油には、「こが」でたっぷりと熟成され、醤の品格を持った一流の味を今後も追い続け、また、これを基にした各種の調味料を国内外に「美味しい日本の味」として届けていきます。